大好きなのは・・・        ロバート・カーライルさん♪  


by koujitu3
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
とりあえず、DVDBOXを一通り見終えました。
買ってよかったぁ。
楽しみましたよ、充分に。
これからゆっくりと一作ずつ何度か見ていこうと思っています。

その前に、とりあえず今の感想。
この作品に、カーライルさんの魅力が全部はいっていますね。
フル・モンティ、プランケット&マクレーン、フェイス、リフ・ラフ、カルラの歌、司祭、アンジェラの灰、リトル・ストライカー、ラビナス等々で見せた、優しい顔、ちょっと恥ずかし気な顔、自信なげな顔、得意げな顔、しゃあないって顔、まあねって顔、めっちゃ楽しんで演じたと思われる演技、全部はいってますね。
カーライルさんが全部分かる、といえる作品かもしれない、と思います。

この作品の魅力は、カーライルさんだけじゃない、作品自体がとてもいい。
一作毎に、作品の趣向が違う面白さがあり、ストーリー展開が巧い。
ちょっとスパイスの効いたほのぼの感プラスユーモア。
スコットランドの小さな村を舞台にした設定のよさを十二分に活かしている。
美しい風景、人情、田舎ならではのユニークなキャラクター。
いろいろな事件やエピソードの中に、誰もが解る気持ちが巧みに盛り込まれている。
いつのまにか見ているほうも、この小さな村の一員になっている、そんな感じ。

回を追う毎に、役者さんたちが、随分この作品を通して仲良くなったのだろうと思う。
殊にカーライルさんは、変わっていった気がする。

カーライルさんの演技があればこそ、ハーミッシュ・マクベスというキャラクターが活きたのだと思う。
つい、このキャラクターって、カーライルさん自身なのでは、と思えてしまう。
カーライルさんは、キャラクターに同化するというより、自分の中に持っているキャラクターと同じ部分で、キャラクターを自分に引き寄せるのではないかという気がする。
だから、どんな役を演じても、その役柄がカーライルさんに思えてしまう。
見ている者は、その役柄が好きになると同時に、カーライルさんが好きになってしまう。
このヘーミッシュ・マクベスという、故郷の田舎町を愛し、出世を望まない、というより体制に対して常に距離を持っていたいと望む人種、そして誰からも愛され優しいのに、何故か常に異邦人的要素を持っている、そんな誰にとっても気になって仕方のない、近づきたくて仕方のない人物像を描きだしたのだと思う。

そのハーミッシュを取り巻く村人たちは、実にしっかりした役者たちを配した事で、ハーミッシュの存在感が増し、誰もが愛さずにいられないキャラクターになったのだと思う。

ハーミッシュよりね、素敵なのはTVジョンなんですよ、ほんとは。でも、彼はちゃんと脇役だと心得ている。ジョンが何よりもマクベスを大事にしていることが、いつのまにか見ているものの思いになってしまっている。

シリーズものって、強いなあと思ったのは、絶対に好きじゃないタイプの容貌の人が、それほど気にならなくなってくるのね。むしろ味方したくなってくるから不思議。

全部で18話(本当はもう1話あるそうなのですが、著作権問題とかで、DVD化されたのは18話、このDVD化されない分がとっても見たいです。なにせ歌って踊るカーライルさんが見れるらしいのです。)DVD7枚ですが、私が好きなのは中ほど話が多いです。
二つ以上の話を巧く絡めて、見事に一つの結末にもっていく話の巧さがあり、かつほろりとさせられたり、にやりとさせられたりする展開がよかった。
終盤は、ちょっとタイプが変わりましたね。
ラストの18話は、シリーズを終えるために、ちょっとお祭り気分で作られたような・・・
ま、これを見れば、もっと見たい感はちょっと減るかも。

余談
ラーキー君のキャラを、最初は、ちょっと足りないおにいちゃんだと思ってました。
途中でキャラの変更があったのかしら?
アレックスのキャラが、やっぱり嫌いです・・・
スタイルもよければセンスもいいのは、やっぱりTVジョンですね♪
[PR]
# by koujitu3 | 2007-08-30 08:30 | カーライルさん

『マクベス巡査』

大枚はたいてGETしたBOXさん 『マクベス巡査』  が届いたので、ほくほく見ています♪

大枚はたいた甲斐がありました!
とても気に入りました♪
以前、ある人のご好意で、(ありがとうございました♪)一話だけ見たことがあるのです。
が、その時は登場人物のキャラがしっかり分かっていないから、半分しか面白さがわからなかったようです。
一話目から順に見たら、とてもよく出来た作品で、人気シリーズだったというのが納得です。
カーライルさんのファンで、この作品を一番に挙げる人が多いのも納得です。
この作品のロケ地に行きたくなる、というのもうなずけます。
私も行きたい・・・
美しい景色と、普通の暮らしが両方味わえそうな気がしますもの。

宝物が増えました♪
[PR]
# by koujitu3 | 2007-08-27 06:58 | 映画 か
見るつもりはしていたものの、見れなくてもいいか、と思いかけていたところ、友人が 「絶対にいい!」 と勧めてくれたので、見てきました。

『ブラインドサイト~小さな登山者たち~』

文句なしに、いい!です。
この映画が伝えてくれたことも、ここに登場する人たちも、映像も、音楽も。

このところ、何故人は生き続けなければならないのだろう? みたいなことをちょっと考えていたのです。
歳をとっても生き続けなければならないことに意味があるのだろうか、って。
今の日本だと、その人の意思に関係なく、薬その他で、とにかく長生きさせるように思えてしまって、果たしてそれがいいのかどうか・・・
私は、そうありたくない、と思ってしまう。
だからといって、じゃ、どうなった時が死んでいい時なの?と聞かれると、解らない。
今の私はどうなの? と考えていたのです。
とりあえず、今現在はいないほうがいい存在ではないと思う。
でも、もしいなかったとしても、それはそれでかまわないだろう、と思う。
私自身、ある意味で、今の自分の生を、残りの人生だと思っているからかもしれないのだけど。
残りの人生だから有意義に楽しく、ということも考えられるけれど、(実際今の私はそうしているけれど) 残りの人生のために私がしていることは多大な無駄遣いではないだろううか、と考えた時、残りの人生を生きているっていうこと自体、多大な無駄ではないだろうか、(つまり、私が飲み食いしていることも、どこかのこれからって人の食料を奪っている、資源の無駄遣いの一つではないだろうか、云々) などというようなことを、とりとめもなく考えていたのです。

この映画は、そんなこととはまったく関係のない映画だったのですが、見ているうちに、何故か答えをもらえたような気になったのです。
どんな答えか。
それははっきり言葉にできないのだけれど・・・

あの山々の景色を見せてもらえたことに、ありがとう。
(だからといって、私は決してあそこに登りたいとは思わないだろうけれど。私はふもとから見上げるだけで充分かもしれない)
素晴らしい決断を見せてもらえたことに、感謝。
一番大事なものを見失わずにいることが出来る人がいることを教えてもらえたことが嬉しかった。
素敵な人たちに、感謝。

友人が、見終えたあと、あれこれなにもいいたくなかった、と。
私も、同感
[PR]
# by koujitu3 | 2007-08-25 09:13 | 映画 は

『アボン 小さい家』

昨日の朝、ちょっとチェックしたいことがあって、映画の情報サイトを見ていたら、今まで見過ごしていた映画の情報が。しかも、無料上映会で、一昨日と昨日のみ。申込制で、受付は前日まで。
えーーーーっ。
何故かとっても見たくなって、えいっと問合せ先にTELしてみました。
そしたら、満席になっていないので、来てもらって受付で言ってください、とのこと。
暑いから、家でぐてーっとしている予定を急遽変更。大急ぎであれやこれやを済ませて、真昼間お日様ギンギンの中を自転車をとばしました。自衛策として、首には大判ハンカチに包んだ保冷剤を巻き、手には日焼け防止の長手袋、といういでたちで。
できるだけ日陰を選んで走りましたし、歩くよりは数段まし。一番しんどいのは日陰のない信号待ちですね。

とっても早く着いてしまって、会場はまだほとんど人がいませんでした。
会場は、普段は会議室として使われるような部屋だったので、前の方に座りました。
終わってから見たら、満席ではないけれど、結構人が入っていましたので、企画した人たちはよかったのではないかしら。

で、何の映画を見たのか、と申しますと、 
  『アボン 小さい家』

いい映画でしたよ。
ただ、前半、登場人物や場所を教えるテロップがしょっちゅうはいるのです。
あれ、要らないと思う。
この人はどういう人なのかは、見ているうちに解るはずだし、解らないようでは映画としてダメだ思う。
場所の説明は、それがないとそこがどこなのかまったく解りませんけれど、でも、映画を、話として見る分には支障ないと思うのです。この映画、ドキュメンタリーではないのですから。パンフレットなり、監督さんの話なりで、後から知ったとしてもいいのでは、と思います。
やたら説明的要素が多くて、これって学校なんかで見る教育映画みたい、って気になってしまいました。
映画の前後に、監督さんのお話が少しあったのですが、それを伺った感じからも、監督さんの、フィリピンの現実を知って欲しい、という思いが出すぎたのでは、という気がします。
勿論、そういう思いから映画を作られたのでしょうけれど、その思いは昇華させておくほうが、映画としてはいいものになると思います。
楽しく見終わって、いつの間にかフィリピンの現実にも気付かせてもらっていた、そのほうが印象深い映画になると思うのです。
惜しいなあ・・・ もうちょっとなのに・・・

惜しいのは、この映画も、知られていないこと。
自主上映でもいいから、もっと多くの人に見て欲しいです。
現代の暮らしにちょっと疑問を持っている人たちに、是非。

無料で見せていただけたので、パンフレットを3部買わせてもらいました。一部は、この手の映画のパンフは欲しいと思っていたので、会場に着いた時に購入。映画の後、見れなかった友人にあげたくて2部追加購入しました。それから、サントラも。
次回作も、フィリピンで撮られるそうなので、私に出来るささやかなエールでした。
[PR]
# by koujitu3 | 2007-08-19 11:09 | 映画 あ
『ドッグ・イン・パラダイス』

これは、『ニュー・シネマ・パラダイス』のトトを演じた、あの少年の笑顔がパッケージにあって、つい手が出てしまった作品。
ワンちゃんもいっぱい出てきて、ワンちゃん好きにもおすすめです。

ストーリーも、私には納得できる都合のよさで展開されるので、とても楽しく、また少年を取り巻く大人たちがとてもいい大人たちで、見終えた後、なんとも気持ちが暖かくなる映画でした。

私の好みとしては、『ニュー・シネマ・パラダイス』 より、こっちですね。
(実は、『ニュー・シネマ・パラダイス』 が名作だと言われるほどには私にとって名作ではなく・・・という事情あり 同じテーマなら、ツァイ・ミンリャン監督の 『落日』 のほうが好きですね)

ということで、100円ビデオとしては、ラッキーな拾い物でした。
[PR]
# by koujitu3 | 2007-08-15 22:15 | 映画 た

『リトル・ヴォイス』

『リトル・ヴォイス』

これは封切りされた時、気になっていた映画だったのに、見そびれていました。
ちょっとしんどそうな話、そんな気がしていたからです。

ユアン君がでていたのを知りませんでした。
好青年を演じていて、とってもいい感じでした。

作品としては、まあ、こんなものかな、と。
解らなくはないのだけれど、私には主人公に対してちょっとひいてしまうところがあるのかな。
[PR]
# by koujitu3 | 2007-08-15 21:56 | 映画 ら わ

『飛べないアヒル』

随分前に買って、そのままになっていたレンタル落ちの100円ビデオを、暑さに負けてごろんとしながら、ひとつずつ、見ていってます。

熱心さがないからか、くたびれているからか、途中いつのまにか眠っちゃって・・・ということもしばしばですが、一応最後まで見終えたものを忘れないうちに。

『飛べないアヒル』

ケースに書かれているあらすじは読んでから購入しているので、一応私の好みのはずの作品しかかってないはずなのです。
これは、気楽に似見れそう、と思って買ったんだと思います。
期待どおり、気楽に楽しめました。
ラストに、クィーンの‘We are the Champions‘が流れた時は苦笑してしまいましたけれど。エンドクレジットでは、‘We will rock you‘ もう、苦笑すら出ませんでしたが。
でも、ディズニー映画としては、正統派で、正と悪がはっきりしていて、大変解り易くてよろしい!と思いました。
ありえねぇ、なんて思ったり、下手な突っ込みをいれずに、素直に楽しめば、充分に満足できる作品でした。

ちょっとググッてみたところ、結構人気のあった作品のようですね。2と3もあるようです。
気楽に何か、と思ったときに、レンタル屋さんで探してみようっと。
[PR]
# by koujitu3 | 2007-08-15 21:41 | 映画 た

ツボ

ツボ のサイトです。

いきなり、なんなの?って、えっとですね、今、陽白というツボがめっちゃ痛いんですよ。

数日前から、眼の調子が悪かったのです。
結膜炎とか、そういう感じではない。目薬をせっせと点眼しても改善しない。
肩凝りもないとはいわないけれど、それからくる感じとは違うし・・・と思っていたら、洗顔するときに、ちょっと触れた額の一部がめっちゃ痛い!思わずどうかなっているのかと思って鏡を見たほど。見た目にはなんともないのに、ちょっと触れただけで、痛い!
それがちょうど 陽白だった、というわけです。

痛いけれど、マッサージをしたり、軽く圧を加えると気持ちいいので、しばらくしていると、眼が調子よくなってくるのです。
で、ここって、もしかしたら眼のツボ?って思い、調べたら、そのとうりでした。
眼に関するほかのツボは、今回あまりどうということなく、ひたすらこの陽白が凝っているのです。なんなのでしょうね。
もしかしたら、これも暑さのせいかしら?
[PR]
# by koujitu3 | 2007-08-14 08:50
シリーズ物って、もういいかぁ、とは思っても、なんとなく最後まで見届けたくなってしまいます。

というわけで、昨日 『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』 を見てきました。

字幕版の方は、小さいシアターでの上映でした。
夏休みだし、吹き替え版の方が観客が多いのかしら?

小さいシアターでも、満席ではなく、三分の二くらいの観客だったかな。結構高齢の方が多かったですねえ。話題に乗り遅れないように、ってことかしら。

日頃がらがら状態で映画を見ることに慣れているからか、左右きっちり詰まった状態で映画を見るのは、なんとなくしんどい。隣の席って、空いてると気楽ですよね。

映画自体は、飽きる事無く見終えました。
見てよかった、とも思うほどの作品ではないけれど、見なきゃ良かった、ということはなく、まあ、こんなもんでしょう。

チラシ等で解ってはいたものの、みんな大人になったなあ、と改めて思いました。
ハリー君もオープニングで登場した時には、凄く違和感があったのですけれど、そのうちに慣れました。
ハーマイオニーちゃんが、綺麗になりましたね。前作では成長途上でちょっとアンバランスなところがあり、小さい頃の方が良かったな、と思ったりしたのですが、今回、これから先が楽しみな女優さんになるだろうな、と思いました。
ロン君は前作の印象とあまり変わってません。
双子のお兄ちゃんたちが、ずいぶんのっぽさんになっていましたね。今回彼らの役どころは楽しくて、彼ら大好きでした。
ダンブルドア校長も、板につきましたね。
見ている間は、一番!と思いましたが、今は、もっと演じさせてあげれる脚本ならいいのに、ちょともったいないなあ、と思ってます。

原作は、三巻までしか読んでないので、(読む気もあまりなくて・・・ これに関しては映画で充分、なんて思ってしまって) きっと原作だともっと丁寧にえがかれているのだろうな、とは思うのですが、どうもいろいろな点で描き足りなくて不満です。
一番の不満は、話が暗いこと。
このシリーズが特に好きなわけではないので、ちゃんと解っていないのかもしれませんが、ハリーって、根暗なの?って、思ってしまいました。
私がハリーに持っていたイメージっていうのは、根本的に陽なのですけれど・・・ だからこそ、闇の帝王と対決するのだと思っていたのですが、間違っているのかしら。
多分、映画という時間的制約のためだとは思うのですが、最終的に、愛と友情が一番、というには、そう思わせてもらえるだけの中身がない。残念。
というわけで、感動がない。
でも、映像の派手さで一気に見させられちゃうのですけれど。

時々挿入される、英国の景色はやはり素敵でした。
[PR]
# by koujitu3 | 2007-08-14 08:31 | 映画 は

『ナヴァラサ』

『ナヴァラサ』

本日観て来た映画。
どういったらいいのかまだ私の中で言葉にならない・・・
見終えた時の感想は、私にとってはやっぱりむずかしい問題だなあ、なのでした。
見ている間は、インドの濃さに圧倒されていました。
今は、見逃さずにすんでよかったぁ、と実感しています。

『プルートで朝食を』 が、アイルランドならではの映画で、『トランス・アメリカ』 がいかにもアメリカだったとすれば、これはインドならでは。
同じ問題を扱ってもこんなに違った描き方になるのですねぇ。

まだ、パンフレットを見てないのです。
また後日書き足します。

しかし、本日サービスデーだったのに、観客は4人。
残念。
いい映画なのに・・・
昨日の 『魔笛』 が立ち見までいたことを考えると、全くタイプの違う映画とはいえ、映画好きの人に、ちょっとこの映画も見てよ、と言いたくなるのでした。
[PR]
# by koujitu3 | 2007-08-01 21:39 | 映画 な