大好きなのは・・・        ロバート・カーライルさん♪  


by koujitu3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

『ここに幸あり』

『ここに幸あり』

予告を見たときから、とってもとっても楽しみにしていたのです。
でも・・・
ごめんなさい!
いっぱい寝てました。

本題が始まる前の序章といえる部分、棺桶屋さんの話はとっても面白くて、キャー、最高!って盛り上がって見始めたのですけれど、かなりの部分をうとうとしては目覚め、またうとうとしては目覚め、を繰り返したように思えます。実際にはどれくらいの部分が欠落しているのかも不明。

今思い返すと、ちゃんと見ていた部分は、鮮明にあれもこれも思い出せるのです。
で、ストーリーにも支障なし。
不思議です。

見終わった時、しっかり楽しめなかったことにがっかりして、パンフレットを買わなかったのです。
公式サイトを読ませてもらったら、イオセリアーニ監督が、映画は台詞じゃない、画面を見ていれば言葉が解らなくても解るように作るものだ、というようなことをおっしゃっていました。
ちょっと納得。
台詞、少ないですものねえ。
そのぶん、強烈にイメージが残るといえばいいのでしょうか。

なんだかもう一度、睡眠をたっぷりとって、絶対に眠気を催さない体調の時に見てみたくなっています。

だって、レンタルで見た『素敵な歌と舟はゆく』は最高でしたもの。スクリーンで観た 『月曜日に乾杯!』 は、まあまあという印象なのですけれど。

ま、なににせよ、イオセリアーニ監督、大好きです♪

次の作品はどんなものでしょうねえ。何年後かしら?

余談
主役の母親役を、有名な男優さんがしていらっしゃるそうなのです。
で、お見事という感じで書かれているのですが、スクリーンで見た時、そんなことは知りませんでしたから、なんだかおっさんみたいなおばさん、と私は思っていたのでした。
と、ちょっとお腹の中で笑いをこらえているような風もありましたよねぇ。
[PR]
by koujitu3 | 2008-01-20 10:34 | 映画 か