大好きなのは・・・        ロバート・カーライルさん♪  


by koujitu3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

『サラエボの花』

もうひとつはこれ、

『サラエボの花』

レディースデーではなく、普通のサービスデーで、しかもポイント二倍デーだったからか、男性の姿もいつもより多かったような気がしました。

これも、重いテーマを扱った作品。
そのテーマを、かなり抑えたトーンで描いている。
全体として灰色のイメージ。
が、ラストは明るい気持ちにさせてもらえる。このテーマが持っている問題が解決されたわけではないのだけれど、それでもほっとさせてもらえる。

私には、登場する男達のことが良く理解できなかったので、不必要にはらはらしたり、消化不良な面が多分にあるのだけれど、このテーマをこういう形で提供できる監督には拍手を贈りたい。
前任者になってしまったけれど、サッカーのオシム監督のさまざまな発言の重さと同じ質を感じる。同じ国の人だなあ、と。

歌われる歌がとても心に沁みる。
哀切な、胸を打つメロディー。それをティーンエイジャーたちが普通に歌うところがとても不思議だった・・・

パンフレットもいいパンフレットだった。
殊にヤドランカさんのインタビュー記事がいい。
「フォーギブネス(赦し)はこれからだけれども、リベンジ(復讐)はしない」
[PR]
by koujitu3 | 2008-01-12 10:01 | 映画 さ