大好きなのは・・・        ロバート・カーライルさん♪  


by koujitu3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ありがとうございました

当ブログを辞めようと思います。
ブログのおかげで、いろいろな方とお知り合いになれて、たくさんのことを教えていただきました。
ありがとうございました。
ブログは辞めますが、いつも読ませていただいている方々のブログにはこれからもお邪魔すると思いますので、どうかよろしくお願いします。
[PR]
# by koujitu3 | 2008-02-03 21:54
先日、シネオペラ 『セビリアの理髪師』 を見ました。
歌はいくつか聞いた事があるのですが、全幕見るのは初めて。

テンションの高いオペラですねぇ・・・ 
つかれた・・・
前日、TVのバレエ放送を見るために夜更かししたのがいけなかったのでしょうか、あまりのテンションの高さについていくのがしんどくなってしまって、眠気が・・・

以前見た シネオペラ 『フィガロの結婚』 でのフィガロ役と同じ人がフィガロ役だったので、すんなり楽しみやすかったし、始めのうちは楽しんでいたのですけれどねえ。

以下はこのシネオペラの宣伝サイトから。

オペラ映画シリーズ『セビリャの理髪師』
ロッシーニ作曲のオペラ・ブッファ(喜劇)の代表作。最初から最後までドタバタ劇の連続で、飽きのこない作品。また、聞きどころが数々あるのもこの作品の特徴で、フィガロが歌う「わたしは街の何でも屋」、ロジーナの「今の歌声は」、バジリオの「陰口はそよ風のように」などの名曲が目白押しです。また、アルマヴィーヴァ伯爵とロジーナの後日談が、モーツァルト作曲「フィガロの結婚」になっています。日本での上映が少ない人気のオペラをぜひこの機会にご鑑賞ください。
(1972年製作 / ドイツ映画 / イタリア語版 / 日本語字幕スーパー / 141分)

作曲 ジョアッキーノ・ロッシーニ
監督 ジャン・ピエール・ポネル
指揮 クラウディオ・アバド
演奏 ミラノ・スカラ座管弦楽団
合唱 ミラノ・スカラ座合唱団
出演 マントヴァ伯爵役:ルイジ・アルヴァ(テノール)
バルトロ役:エンツォ・ダーラ(バス)
ロジーナ役:テレサ・ベルガンサ(メゾ・ソプラノ) ほか

こちらの「ムービーを見る」をひらいていただくと、ちょっとこのオペラの雰囲気が味わえます。

あちこち好きな曲、もう一度聞きたい曲はあるのでCDが欲しいな、と思っているところです。
マリア・カラスさんがロジーナ役というCDがあるようなので、それにしようかなあ・・・
[PR]
# by koujitu3 | 2008-01-21 11:20 | 映画 さ

『ここに幸あり』

『ここに幸あり』

予告を見たときから、とってもとっても楽しみにしていたのです。
でも・・・
ごめんなさい!
いっぱい寝てました。

本題が始まる前の序章といえる部分、棺桶屋さんの話はとっても面白くて、キャー、最高!って盛り上がって見始めたのですけれど、かなりの部分をうとうとしては目覚め、またうとうとしては目覚め、を繰り返したように思えます。実際にはどれくらいの部分が欠落しているのかも不明。

今思い返すと、ちゃんと見ていた部分は、鮮明にあれもこれも思い出せるのです。
で、ストーリーにも支障なし。
不思議です。

見終わった時、しっかり楽しめなかったことにがっかりして、パンフレットを買わなかったのです。
公式サイトを読ませてもらったら、イオセリアーニ監督が、映画は台詞じゃない、画面を見ていれば言葉が解らなくても解るように作るものだ、というようなことをおっしゃっていました。
ちょっと納得。
台詞、少ないですものねえ。
そのぶん、強烈にイメージが残るといえばいいのでしょうか。

なんだかもう一度、睡眠をたっぷりとって、絶対に眠気を催さない体調の時に見てみたくなっています。

だって、レンタルで見た『素敵な歌と舟はゆく』は最高でしたもの。スクリーンで観た 『月曜日に乾杯!』 は、まあまあという印象なのですけれど。

ま、なににせよ、イオセリアーニ監督、大好きです♪

次の作品はどんなものでしょうねえ。何年後かしら?

余談
主役の母親役を、有名な男優さんがしていらっしゃるそうなのです。
で、お見事という感じで書かれているのですが、スクリーンで見た時、そんなことは知りませんでしたから、なんだかおっさんみたいなおばさん、と私は思っていたのでした。
と、ちょっとお腹の中で笑いをこらえているような風もありましたよねぇ。
[PR]
# by koujitu3 | 2008-01-20 10:34 | 映画 か

『マリア』

題材が題材なので、ちょっと気乗りしない部分もあったのですが、予告を見て、役者さんたちの顔と景色を見たくなりました。
期待以上でした。

『マリア』

音楽も過剰でなく、ぴったり柔らかく心地よかったです。

キャスティングについて、プロデューサーのウィック・ゴットフレイさんのインタビューに答えた言葉がパンフレットに、ありました。
当時の人物に見えそうな役者たちを探そうと考えていた、と。
主役のマリアとヨセフ役には、実力はあるが露出度の少ない役者を、と。
大成功だったと思います。
画面にチラッと映るだけといったエキストラさんたちも含めて、映し出される人がみな、その頃のその地の人たちのイメージにぴったりでした。
衣装から、風景、セット、なにからなにまでたっぷり味あわせていただきました。

もう一度、じっくり細部を見たい、と思う映画です。

マリア役のケイシャ・キャッスル=ヒューズさん、『クジラの島の少女』の時もとてもよかったし、今回のこの難しい役も、実に普通にさりげなく演じていました。とても素敵な役者さんです。まだとてもお若いのですが。

ヨセフ役のオスカー・アイザックさんはハンサムですよ♪
三賢人に、ちょっと道化的な役をさせて、映画全体を重くならないように作っていたのも、楽しかったです。

余談
映画の趣旨とはずれてしまうのですが、ヘロデ王の宮殿でのもてなしシーンをもっと見たかったです。豪華でしたし、ちらっと映る女性陣が美しかったので。(笑)
[PR]
# by koujitu3 | 2008-01-16 10:03 | 映画 ま
『PERSEPOLIS ペルセポリス 』

ドヌーブ母子の声がとてもよかったです。
監督の自伝のグラフィック・ノベルを映画化したものだそうです。
面白い絵でしたよ。
ただ、そうなのだろうな、とは思うものの、主人公の女の子に私は感情移入ができなかったので、私にとってはいまいち、かな・・・

おばあちゃんがとても素敵でしたね。
自分の住んでいる国が変わってしまったら、どうするのがよいのでしょうねぇ。今のところ日本では他人事ではありますが。
したたかに生き抜ければよいのですが。それでも辛いですね。
[PR]
# by koujitu3 | 2008-01-16 09:29 | 映画 は

『サラエボの花』

もうひとつはこれ、

『サラエボの花』

レディースデーではなく、普通のサービスデーで、しかもポイント二倍デーだったからか、男性の姿もいつもより多かったような気がしました。

これも、重いテーマを扱った作品。
そのテーマを、かなり抑えたトーンで描いている。
全体として灰色のイメージ。
が、ラストは明るい気持ちにさせてもらえる。このテーマが持っている問題が解決されたわけではないのだけれど、それでもほっとさせてもらえる。

私には、登場する男達のことが良く理解できなかったので、不必要にはらはらしたり、消化不良な面が多分にあるのだけれど、このテーマをこういう形で提供できる監督には拍手を贈りたい。
前任者になってしまったけれど、サッカーのオシム監督のさまざまな発言の重さと同じ質を感じる。同じ国の人だなあ、と。

歌われる歌がとても心に沁みる。
哀切な、胸を打つメロディー。それをティーンエイジャーたちが普通に歌うところがとても不思議だった・・・

パンフレットもいいパンフレットだった。
殊にヤドランカさんのインタビュー記事がいい。
「フォーギブネス(赦し)はこれからだけれども、リベンジ(復讐)はしない」
[PR]
# by koujitu3 | 2008-01-12 10:01 | 映画 さ

『その名にちなんで』

『その名にちなんで』


これは 素晴らしい!!!!

映画が始まる前の、題字が表示されるところから、エンドクレジット後の映画会社の名前が表示されるところまで、すべてに魅了されました。

やはり歴史が違う・・・ あらゆる点で深さを、厚みを感じさせられます。

その上、主演女優さんのタブーさんが、文句なしの美しさです。
息子役のカル・ベンさんも、ハンサム。
とにかくとにかくこの家族の親戚や同郷の人たちはみなさん美しいので、それだけでも眼福というものです。
サリーや、インドの結婚式も、美しいことこのうえありませんし。

この監督のミーラー・ナーイルさんの 『モンスーン・ウェディング』 もとても素敵な作品ですが、この作品はもっともっと素晴らしい!
全編をとおして、優しさと暖かさに溢れています。
[PR]
# by koujitu3 | 2008-01-12 09:24 | 映画 さ
今週見た映画、三本。
順に。まずはこれ。

『アフター・ウェディング』

重たい映画でしたね。
で、私はあまり好きじゃありません・・・
というのは、私はこんな風にされたくないから。
これは死に行く人の自己満足ではないでしょうか。
残される人のためにできるだけのことをしておきたい、と願う気持ちはわかるし、それは素晴らしいと思いますが、これは違う。
人の人生を別の人が設計してはいけない。
まして死んだ人の遺志となると、重荷になった時にそれを拒否するためにはより多くの精神的負担が必要になってしまいます。

人は誰もが死ぬのです。遅かれ早かれ・・・
[PR]
# by koujitu3 | 2008-01-12 09:09 | 映画 あ
観ました。

『ロメオとジュリエット』

メトロポリタン歌劇場は豪華ですねぇ。
幕間に、舞台裏とか、舞台の上の様子などを映し出してくださるのは、面白かったのですが、『ロメオとジュリエット』というオペラそのものを楽しもうと思うと、ちょっと邪魔だったような気がします。せっかくオペラの世界に浸っているのに現実に引き戻されてしまいますものね。

ドミンゴさんの指揮。
ロマンスグレーで、貫禄もあり、とても素敵でした。
ジュリエット役のアンナ・ネトレプコさん、とてもお綺麗。お声もいいのですけれど、ジュリエットの声としてはちょっと違う気がするのですが・・・
ロメオの方は、お声はいいのですが、やはり体形が・・・ オペラは仕方ないですね・・・
ステファーノ役のイザベラ・レオナールさんと、マキューシオ役のネイサン・ガンさんが私的には好きでした。

で、このオペラ、どうも眠くなってしまって・・・
どのアリアも悪くはないのですが、ピタッとこなかったといいましょうか・・・
曲自体の好みの問題かも・・・

舞台は、運命を暗示させていたのでしょうか、宇宙や星をイメージさせる舞台でした。
ロメオとジュリエットの新床なんて、幕が開いたときは空中に浮かんでいましたよ。

シェイクスピアの台詞にかなり忠実に台本が作られたオペラだそうです。
うーーーん、でもでも、私にとって「ロミオとジュリエット」 は、やっぱりオリビア・ハッセーの映画が一番だわ♪ あの映画に勝るイメージはありえませんねぇ、ということを改めて思ったのでした。

来週は、『ヘンンゼルとグレーテル』 です♪
[PR]
# by koujitu3 | 2008-01-07 19:30 | 映画 ら わ

珍しく TVドラマ

たまたま目にした予告が面白そうだったので、見たドラマ。

「ファイブ」

期待以上に面白くみせていただきました。
中年おじさん、頑張れ! のメッセージを込めて作られたのかもしれません。
そういうメッセージ自体をどう受け止めるかは別として、嬉しくなる話でした。
幸せと元気を貰えるストーリーは、やっぱりいいですね♪
[PR]
# by koujitu3 | 2008-01-06 22:16